【比較】オールインワン型人材派遣管理システム4選│あらゆる人材ビジネスに対応するならコレだ!

人材ビジネスといえば、人材派遣や業務請負、人材紹介など様々。 さらに短期の派遣/長期の派遣、常用型派遣、無期雇用派遣など形態がさまざまであったり、一般登録型人材紹介、サーチ型人材紹介、アウトプレースメント方人材紹介というように会社の形態が異なるので、人材ビジネス全体をカバーするには非常に多くの知識が必要で、業務内容も複雑になります。 そのため、人材ビジネスに携わる方は業務量の多さから疲弊してしまい、人材業界の離職率の高さに繋がっています。» 続きを読む

人材派遣会社の仕事がつらい・・・・・・。転職したくなる前に知っておくべき「人材派遣管理システム」とは?

人材派遣会社が扱う商品は人材なので、業務に掛かるその労力は単純には測りきれません。 また、派遣スタッフとクライアント企業の間に入るので、大変つらい思いをすることもあるかもしれません。 事業規模が大きくなれば、書類を取り扱う量が増え、処理に時間が掛かって長時間労働になることもあるでしょう。» 続きを読む

警備会社の皆さん、テレワークの導入はできていますか?警備会社がテレワーク化するための方法

この数ヶ月で「テレワーク」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。 実は、このテレワークとは最近始まったものではなく、政府は2013年にテレワーク導入の推進を打ち出していたのです。 しかし、働き方改革として進められてきたテレワーク導入はなかなか浸透していませんでした。» 続きを読む

【人材派遣会社は必読】『同一労働同一賃金』に必要な対応やポイントを押さえよう!【派遣法改正2020】

「同一労働同一賃金」について、今、まさに対応を迫られている人材派遣会社の担当者も多いのではないでしょうか? 2020年の派遣法改正に伴い優先度高くやらねばと思いながらも、一体何から手を付けて良いのか悩んでいる方もいるようです。 そのため今回は、人材派遣会社における同一労働同一賃金の対応について、押さえるべきポイントと、具体的に何をするべきなのか、詳しくご紹介していきます。» 続きを読む

給与の日払いや前払いはどうして必要?派遣会社が給与日払い・前払いを導入すべき理由

日本では、労働環境の多様化とともに、非正規社員の割合が年々増加の傾向にあります。 平成31年に総務省が発表したデータにおいても、非正規社員は前年比較で84万人も増加していることがわかりました。 【参考】総務省統計局/労働力調査(詳細集計)平成30年(2018年)平均(速報) » 続きを読む

人材派遣の年末調整も派遣管理システムで簡単に!

人材派遣会社では、派遣社員を雇用するために、また派遣先と派遣社員を結び付けるためにさまざまな情報を管理・申請しなければなりません。 具体的には「契約書の作成・管理」「派遣スタッフの管理」「労働時間の管理」「給与計算」「年末調整」など多種多様にあり、このすべてを漏れなく処理する必要があります。 公的な契約書であれば記入内容や期日も厳密に設定されており、不備があれば国から指摘されることや、場合によってはペナルティが発生することもありますし、給与に関わる場合には間違えると人材派遣会社の信用を落としかねません。» 続きを読む

派遣スタッフのフォローできていますか?派遣スタッフの確保・定着には“連携”が肝心!

派遣スタッフとは、皆さんご存知の通り、実際に働くことになる企業とは契約関係になく、人材派遣会社と雇用関係を結んで企業で働く人のことを指します。 そのため、わずらわしい職場でのしがらみもあまりなく、これまで自分がつちかってきたキャリアや持っているスキルを仕事で活かすことができるという点で人気があります。 しかし派遣社員として派遣会社と契約したものの、派遣会社のフォロー体制に不満を抱いてしまうという話を耳にすることもあります。» 続きを読む

使いづらい人材派遣管理システムあるある12選。おすすめの管理システムは?

使いづらい人材派遣管理システムを使って不満を抱えたままにしていませんか? 派遣スタッフに関するスケジュール管理や義務化された派遣スタッフ研修、教育訓練の進行状況などを把握するため、人材派遣管理システムを導入している人材派遣会社は多いのではないでしょうか。 しかし、いざ人材派遣管理システムを導入したものの、使い方の制約やサポートの面で使いづらさを感じている方も多いのではないでしょうか。» 続きを読む

人材派遣業における派遣先と連携するメリットとは?派遣管理システムを使おう!

派遣社員の雇用は、正社員やアルバイトとは違いその雇用形態や勤務形態は様々です。 そのため、派遣元となる企業は派遣社員それぞれの勤怠チェックなどに多くの時間を割かれ、ストレスを感じることが多いです。 また、派遣元だけではなく派遣先の企業や派遣社員自身も、会社ごとに異なる勤怠管理やシフト管理が負担になっています。» 続きを読む