【比較】業務請負の管理は一元化できる!おすすめの管理システム2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務請負業ではたくさんの仕事が発生しますよね。

スタッフの仕事管理や、シフト管理に仕事振り分け、給与計算など、やるべきことは無限にある場合が多いでしょう。

案件やスタッフが増えれば増えるほど仕事は増えていくので時間や手間がかかってしまい、なかなか人の手では追い付かないという会社も多いのではないでしょうか。

しかし業務請負業を行っている企業は管理の方法にひと工夫加えるだけで、格段に業務効率がアップします。

それは管理ツールを使った方法です。

 

今回こちらの記事では、そんな業務請負業におすすめしたい管理ツールについて、メリットやデメリット、実際におすすめのシステムなどをご紹介します。

 

煩雑な業務請負の管理は管理システムで一元化!

業務請負業における仕事の管理は、1つのシステムですべてまとめることができます。

人材ビジネス向けに、派遣業や請負業における作業プロセスを一元化し、仕事の進みを効率よくするための管理ツールが世の中にたくさんあるのです。

そのような業務請負業向けの管理ツールを利用することで、スタッフのシフト管理や給与計算、営業、案件化、クライアントへの請求業務などが今よりももっと簡単になります。

 

社内の複数の部署にまたがっている業務は、元となるデータの管理方法が別だったり、そもそもデータに食い違いがあったりなどの問題を抱えていることがあります。

スタッフの配置とシフト管理をしているツールや担当者と、給与計算と支払業務を担当するツールや担当者が違う、などです。

この記事を読んでいる方の中にも、「ぎくっ」と思うところがあるでしょう。

これではミスが起こっても何らおかしくない状況です。

そのような状況を改善できるのが業務請負業向けの管理システムです。

 

では具体的に、業務請負業向け管理システムのメリットについて、次の章で説明したいと思います。

 

業務請負業向け管理システム導入のメリット

業務請負管理システムを導入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

主なメリットとして次の5つをご紹介します。

 

一目見てスタッフの状況が分かる

すべてのデータが一元化されているため、一目見ただけでスタッフの状況を確認することが可能です。

例えば、履歴書の紙などでスタッフを管理するとなると、スタッフの人数が増えるごとに補完するファイルを分ける必要が生じたり、目的の人物を探すのにも一苦労です。

ファイルをぱっと見ただけでは、その人がいま何の業務を担当しているのか、担当している業務がないのかなどを把握することもできません。

記載している情報の更新も面倒ですよね。

しかし業務請負業向けの管理システムを導入することで、1つの場所にすべてのスタッフの情報をまとめることができ、その中から現在の状況を知りたいスタッフをすぐに検索して見つけることができ、リアルタイムで情報を更新することができます。

業務請負業のスタッフは流動的ですから、紙や事務用の分厚いファイルで管理するよりも、システムを利用して管理した方が効率的です。

 

給与支払や請求業務の工数削減

給与支払や請求業務でミスをしてしまうと焦りますよね。

スタッフへの給与で本来支払うべき金額未満で計算してしまった場合、またクライアントへの請求金額を間違ってしまうと、スタッフやクライアントに不満、不信感を持たれてしまい離れていってしまうかもしれません。

どの業種でも言えることではありますが、業務請負業は特にそのビジネスモデル上、スタッフとクライアントがいなければ成り立ちません。

そこで給与や請求に関する業務ではできるだけ工数を削減し、ミスを防ぐことが重要です。

業務請負業向けの管理システムを使用すれば、勤怠データも、スタッフのデータも、請求先のデータも、すべてが一元的に管理されているために給与計算や請求業務も格段にラクになります。

 

複数データの照らし合わせがいらない

業務請負業向けの管理システムを使用すれば、すべてのデータが一元化されているため、複数のファイルからデータを照らし合わせずとも確認できるようになります。

そして、よくある問題の「どこのファイルや管理ツールに探しているデータがあるかが分からない」ということも、データを一元化することで解決します。

業務請負業向けの管理システムは複数種類があり、ものによってはひとりのスタッフの個人情報に、その月の勤務時間、支払う給与、口座情報などがそもそも関連付けされていて便利です。

 

社内で同じデータを共有できる

同一データを社内で共有することによって、業務効率は大幅に向上します。

 

  • 社員によって把握している情報が違う
  • 社内の誰に聞けばいいのか分からない
  • 急な退職や休職でいなくなった人しか知らなかったことがある

 

のような問題が起こったことはないでしょうか。

人に依存して情報を管理すると、いざというときに困ってしまいます。

しかし業務請負向けの管理システムを導入することで、社内全員が常に最新の同じデータを共有することができます。

急な引継ぎが生じてもラクですよね。

 

ヒューマンエラーを防げる

抱えきれないほどの業務があると、余裕がなくなりミスを起こしやすくなってしまいます。

業務請負業向けの管理システムでは、工数を省いて余裕を生み出し、ヒューマンエラーを防ぐことに気を回すことができます。

また工数が多いほどヒューマンエラーが生じる可能性は高まりますので、工数の削減はヒューマンエラーの発生確率を下げることにも繋がります。

 

業務請負業向け管理システム導入のデメリット

業務請負業向けの管理システムの導入メリットは分かりましたが、メリットに対してデメリットもあるのが世の常。

業務請負業向けの管理システムにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

メリットに比べると非常に少ないのですが、導入を検討している方は参考にしてみてください。

 

費用

まずは費用面の問題ですね。

無料、ということはありませんので必ず費用が掛かってしまいます

業務請負業向けの管理システムは、製品によって値段はまちまちです。

単純操作で簡単に操作できる初心者向けの者から、完全上級者向けのものまで様々ありますが、同じように値段にも幅があります。

同じくらいの値段でも、機能の数に差があることもあります。

 

少しでもお得に業務請負業向けの管理システムを導入するなら、費用だけでなく機能についても比較しましょう。

とても安いけれど機能が不十分、それよりも高い値段でも豊富な機能がついている、ということあります。

費用と機能を表に並べると比較がしやすいでしょう。

限られた予算のなかで、もっとも機能が充実していて使いやすい管理システムを探しましょう。

 

操作に慣れるまでの時間

はじめてのシステムを導入すると、社員全員が慣れるまでに時間がかかりますよね。

人は変化を嫌いますから、新しい管理方法に移行するのにも最初は負担がかかるでしょう。

場合によっては、管理システムの導入により仕事のやり方が全く変わり、いちから働き方改革をしなければならない可能性もあります。

導入をする場合には社内全体に周知させ、操作に慣れるまでの時間も前提にしながらスケジュールを組むと良いですね。

 

業務請負業向け管理システムの比較が面倒

ひとくちに業務請負業向けの管理システムといっても、さまざまな種類があります。

会社のニーズを確認しながら、どの管理システムが1番良いのかをしっかり検討する必要があります。

この比較には時間もかかりますし労力を使い、正直面倒かもしれません。

しかし後で悔やむことがないように、しっかり比較した上で導入を決定しましょう。

ちなみに次の項目では、おすすめの管理システムを2種類紹介していますので、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめの業務請負業向け管理システム2選

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)は一元化されたオールインワンパッケージであるため、このソフト1つで、どの部署のどの業務プロセスも簡易化することができます

営業管理、スタッフ配置、勤怠管理、給与等の計算、請求管理など管理できる範囲は多岐に渡ります。

 

「この値段で、この機能!」というくらい費用対効果が高い点も魅力です。

「企業向けの管理システムは高い」というイメージを持っている方は、そのイメージを覆されることでしょう。

1台のパソコンで運用する場合のプラン、複数のパソコンで運用する場合のプランなど状況に合わせて選ぶことができるのも良いですよね。

 

さらに良いところとして、定期的なブラッシュアップという点もあげられます。

法令が変わると、このような管理ツールも更新が必要になりますが、STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)であればそのような時代に合わせた機能改善はもちろん、利用者からの声に合わせたブラッシュアップにも対応しています。

ユーザー目線を忘れないサービス提供も魅力の1つです。

 

そしてもう1つ、ユーザー目線を意識している点として、初心者にも扱いやすい統一感のあるやさしいインターフェースという魅力もあります。

ぱっと見てどのように操作すれば良いのかが分かりやすいので、今までアナログな方法を採用していた企業でも使いやすいでしょう。

操作に困った時はヘルプセンターなどでの指導も承っているとのことです。

ちょっとした操作の疑問から、何か機材に関するトラブルがあったまでも安心ですね。

 

導入を検討している方には、リモートでデモンストレーションを行ってくれますので、実際の画面を見ながら使い勝手を確かめることができます。

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)が気になる方は、まずは問い合わせてみましょう。

 

>>STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の詳細はこちら<<

 

☆気になる口コミ・評判も要チェック☆

 

Casting Navi(キャスティングナビ)

Casting Navi(キャスティングナビ)は、利用シーンに合わせて3つのパターンから導入システムを選べる業務請負業向けの管理ツールです。

1台で使う場合はST版、複数台で使う場合はLAN版、複数の視点で使う場合はWAN版というように、各企業の状況に合わせて選ぶことができます。

 

標準機能として、スタッフ管理、予約管理、クライアント管理、受注管理、引合管理、外注管理、勤怠管理、給与管理、請求管理、外注支払計算が可能です。

そしてその他にも、入金管理や事業報告書機能などのオプション機能をつけることができます。

 

さらに製品版と全く同じ内容の「デモ版」の貸し出しも行っています。

そのため十分に内容を確認し、納得してからの導入も可能です。

貸出期間中も正規のサポートを無料で受けることが出来るため、システムのみでなくどのようなサポートをしているのかも体感することができます

貸出期間は14日間です。

 

また導入開始から本稼働までの期間は、現在の会社の運用状況やスタッフ稼働数によりまちまちですが、およそ1か月半~2か月、または3か月程度で可能になっています。

余裕をもってその位の期間を見ておくと良いですね。

 

サポートは電話やメールだけでなく、FAXにも対応しています。

書類をスキャンしてメールで送ることもできますが、今でもFAXを利用する企業も多いので、Casting Navi(キャスティングナビ)のようにFAXでもサポートしてくれるというのは嬉しいですね。

主要な機能の説明や活用法を紹介するセミナーも開催されているので、導入した後に最大限、有効活用することができます。

 

☆気になる口コミ・評判も要チェック☆

 

システムによる一元化で業務請負の管理は変わる!

業務請負業において、「管理」という課題を抱えている方は是非ともシステムを導入して解決しましょう。

管理ツール導入にデメリットがないわけではありませんが、今回ご紹介したようなものですので、どれも乗り越えることができるハードルです。

デメリット以上のメリットがありますので、「スタッフや案件が増えてきて管理が追いつかない」「社員の負担が大きい」ということで困っているのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材派遣管理システム選びに困ったら・・・・・・?

 

「種類がたくさんあって選ぶのも比較するのも大変!」
そんな声に対して、項目別おすすめのシステムを選びました。
ぜひ参考にしてみてください!


>>【項目別】人材派遣管理システムおすすめTOP3