人材派遣業向け管理システム

人材派遣業向けの管理システムについて説明している記事をまとめています。人材派遣の業務管理を効率化することで、売上アップや残業の削減などのメリットが得られます。

【人材派遣会社は必読】『同一労働同一賃金』に必要な対応やポイントを押さえよう!【派遣法改正2020】

「同一労働同一賃金」について、今、まさに対応を迫られている人材派遣会社の担当者も多いのではないでしょうか? 2020年の派遣法改正に伴い優先度高くやらねばと思いながらも、一体何から手を付けて良いのか悩んでいる方もいるようです。 そのため今回は、人材派遣会社における同一労働同一賃金の対応について、押さえるべきポイントと、具体的に何をするべきなのか、詳しくご紹介していきます。» 続きを読む

給与の日払いや前払いはどうして必要?派遣会社が給与日払い・前払いを導入すべき理由

日本では、労働環境の多様化とともに、非正規社員の割合が年々増加の傾向にあります。 平成31年に総務省が発表したデータにおいても、非正規社員は前年比較で84万人も増加していることがわかりました。 【参考】総務省統計局/労働力調査(詳細集計)平成30年(2018年)平均(速報) » 続きを読む

人材派遣の年末調整も派遣管理システムで簡単に!

人材派遣会社では、派遣社員を雇用するために、また派遣先と派遣社員を結び付けるためにさまざまな情報を管理・申請しなければなりません。 具体的には「契約書の作成・管理」「派遣スタッフの管理」「労働時間の管理」「給与計算」「年末調整」など多種多様にあり、このすべてを漏れなく処理する必要があります。 公的な契約書であれば記入内容や期日も厳密に設定されており、不備があれば国から指摘されることや、場合によってはペナルティが発生することもありますし、給与に関わる場合には間違えると人材派遣会社の信用を落としかねません。» 続きを読む

派遣スタッフのフォローできていますか?派遣スタッフの確保・定着には“連携”が肝心!

派遣スタッフとは、皆さんご存知の通り、実際に働くことになる企業とは契約関係になく、人材派遣会社と雇用関係を結んで企業で働く人のことを指します。 そのため、わずらわしい職場でのしがらみもあまりなく、これまで自分がつちかってきたキャリアや持っているスキルを仕事で活かすことができるという点で人気があります。 しかし派遣社員として派遣会社と契約したものの、派遣会社のフォロー体制に不満を抱いてしまうという話を耳にすることもあります。» 続きを読む

使いづらい人材派遣管理システムあるある12選。おすすめの管理システムは?

使いづらい人材派遣管理システムを使って不満を抱えたままにしていませんか? 派遣スタッフに関するスケジュール管理や義務化された派遣スタッフ研修、教育訓練の進行状況などを把握するため、人材派遣管理システムを導入している人材派遣会社は多いのではないでしょうか。 しかし、いざ人材派遣管理システムを導入したものの、使い方の制約やサポートの面で使いづらさを感じている方も多いのではないでしょうか。» 続きを読む

人材派遣業における派遣先と連携するメリットとは?派遣管理システムを使おう!

派遣社員の雇用は、正社員やアルバイトとは違いその雇用形態や勤務形態は様々です。 そのため、派遣元となる企業は派遣社員それぞれの勤怠チェックなどに多くの時間を割かれ、ストレスを感じることが多いです。 また、派遣元だけではなく派遣先の企業や派遣社員自身も、会社ごとに異なる勤怠管理やシフト管理が負担になっています。» 続きを読む

教育システム(イーラーニング)と連携した人材派遣管理システムのメリット4つ

2015年(平成27年)の労働派遣法の改正により、人材派遣業による派遣スタッフへの教育訓練が義務化されました。 人材派遣の会社に勤務する人の中には、派遣スタッフの教育訓練が追いつかない状況にある担当者もいらっしゃると思います。 この教育訓練にインターネットを利用した学習形態「教育システム(イーラーニング)」を導入すると、全国各地に勤務する派遣スタッフも動画で好きな時に好きな場所で学習でき、人材派遣業における派遣スタッフの教育開発・能力開発をサポートできます。» 続きを読む

人材派遣業も有給休暇の義務化に要対応!システムを使って管理を楽に!

働き方改革に伴い、2019年4月から有給休暇が義務化され、有給休暇を最低でも5日についての取得が必要になりました。 生産性の向上のために企業が従業員のモチベーションをアップさせるための環境を整えることは大切です。 しかし企業側には有給休暇の申請や取得率について管理する手間が生じてしまったのも事実です。» 続きを読む

人材派遣業のe-Gov(イーガブ)電子申請も管理システム上で一括申請!平成30年末以降も申請可能なシステムは?

近年、業務効率化やコスト削減などの観点により、さまざまな分野で電子化やペーパーレス化が進んでいます。 電子申請はその筆頭ともいえ、窓口でおこなわなければならなかった申請業務をインターネット上でおこなうことができます。 さらに、e-Gov(イーガブ)電子申請を使えば行政手続きをおこなうこともできます。» 続きを読む