教育システム(イーラーニング)と連携した人材派遣管理システムのメリット4つ

2015年(平成27年)の労働派遣法の改正により、人材派遣業による派遣スタッフへの教育訓練が義務化されました。 人材派遣の会社に勤務する人の中には、派遣スタッフの教育訓練が追いつかない状況にある担当者もいらっしゃると思います。 この教育訓練にインターネットを利用した学習形態「教育システム(イーラーニング)」を導入すると、全国各地に勤務する派遣スタッフも動画で好きな時に好きな場所で学習でき、人材派遣業における派遣スタッフの教育開発・能力開発をサポートできます。» 続きを読む

人材派遣業も有給休暇の義務化に要対応!システムを使って管理を楽に!

働き方改革に伴い、2019年4月から有給休暇が義務化され、有給休暇を最低でも5日についての取得が必要になりました。 生産性の向上のために企業が従業員のモチベーションをアップさせるための環境を整えることは大切です。 しかし企業側には有給休暇の申請や取得率について管理する手間が生じてしまったのも事実です。» 続きを読む

人材派遣業のe-Gov(イーガブ)電子申請も管理システム上で一括申請!平成30年末以降も申請可能なシステムは?

近年、業務効率化やコスト削減などの観点により、さまざまな分野で電子化やペーパーレス化が進んでいます。 電子申請はその筆頭ともいえ、窓口でおこなわなければならなかった申請業務をインターネット上でおこなうことができます。 さらに、e-Gov(イーガブ)電子申請を使えば行政手続きをおこなうこともできます。» 続きを読む

人材派遣業で給与前払いができるメリットとは?管理システムで前払いをもっと簡単に!

近年、福利厚生制度の1つとして「給与前払いサービス」を導入し、人材派遣・アルバイト・パートの方々の採用や定着などに活用する企業が増えてきています。 給与前払いサービスは、文字通り働いた日数分を、給料日前にもらえるサービスです。 例えば、日当1万円とすると、勤務日数0日では前払い対象外で、勤務日数が3日では3万円の給与前払いができます。» 続きを読む

人材派遣業の皆さん、抵触日の管理はできていますか?

人材派遣会社が気をつけなければいけないもの、それは「抵触日」です。 2015年に労働者派遣法が改正となり、抵触日が「事業所単位」と「個人単位」で設定されました。 この抵触日を派遣社員には伝える必要があったり、超えてしまうと同一の組織では業務ができなくなったり、と人材派遣会社にとって様々な影響が生じました。» 続きを読む