人材派遣会社の仕事がつらい・・・・・・。転職したくなる前に知っておくべき「人材派遣管理システム」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材派遣会社が扱う商品は人材なので、業務に掛かるその労力は単純には測りきれません。

また、派遣スタッフとクライアント企業の間に入るので、大変つらい思いをすることもあるかもしれません。

事業規模が大きくなれば、書類を取り扱う量が増え、処理に時間が掛かって長時間労働になることもあるでしょう。

現状のつらい業務から逃れるために、転職をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

つらくて転職したくなる気持ちから少し離れて、つらい業務は人材派遣管理システムの活用で大きく改善できることを知っておきましょう。

 

人材派遣会社の仕事はつらい?人材派遣会社で働く・働いていた人の声

「人材派遣会社の仕事がつらい」という声を転職サイトなどでよく目にします。

実際に転職者向けの企業口コミサイトをのぞいてみると、人材派遣会社の事務職では求職者の膨大な応募書類の処理をしている中に問い合わせの電話がひっきりなしに鳴り、大変な業務量でつらいという声があります。

営業職では退職者が多く、つらい仕事で体力が持たないため、40代の方はほとんどいないという声もあります。

 

人材派遣会社の仕事、具体的なつらさ・キツさとは?

人材派遣会社にお勤めの方なら、つらい声にうなずける部分もあるのではないでしょうか。

具体的に、どんなところがつらいのか、どんなことがキツいのかを以下にまとめてみました。

つらい、キツい、という感情がなぜ生まれてくるのか、冷静に見つめ直してみましょう。

 

長時間労働

人材派遣会社の業務では物を言わない工業製品を扱うのとは異なり、人材が商品であるため、きめ細やかな対応が必要とされます

就業の意志を確認したり、書類のやりとりをしたりと個別対応が必要です。

相手の都合に合わせて対応していくことが多いため、長時間労働になりがちになるのがつらいところです。

また、クライアント企業もさまざまです。

早朝稼働の工場もあれば、深夜の時間帯にフル稼働するメンテナンス業などもあります。

そうしたさまざまな企業のスケジュールに合わせて営業したり、連絡を取り合ったりするので、つらい長時間労働になってしまうのです。

 

案件獲得のノルマ

どのような業種の営業担当者にもノルマはつきものですが、人材派遣会社の営業にも案件獲得のノルマがあります。

既存のクライアントが派遣スタッフを増員してくれたらありがたいですが、そればかりとはいかないのがつらいところです。

営業先は企業ですが、その企業が派遣社員を求めているかどうかは、問い合わせてみないと分かりません。

派遣社員を受け入れた実績がない企業もあります。

アルバイトやパートタイマー従業員の採用実績はあっても、派遣社員が入社したことがないような企業には、メリットや仕組み、費用についてしっかり伝える必要があります。

案件獲得のノルマ達成のためには、ニーズの掘り起こしから始めなくてはならないこともつらいところです。

 

クライアントと派遣スタッフ間の調整

人材派遣会社の社員は、クライアント企業と派遣スタッフ間の調整にも力を割いています。

派遣スタッフが無断欠勤したり、連絡が取れなくなってしまったりした場合は、人材派遣会社の社員がクライアント企業に謝罪します。

社員には何の責任もないのにつらいですね。

さらに、クライアント企業の仕事が滞らないようにスケジュールを調整したり、代わりの人材を手配したりと動き回って業務に支障が出ないように調整します。

人材派遣会社の社員は、派遣スタッフがクライアント企業で契約期限までしっかり働けるように励ましたり、アドバイスをしたりもします。

派遣スタッフが勤務するのにつらい状況になっているようであれば、クライアント企業に相談をしながら解決に導きます。

 

新規登録スタッフの獲得

人材派遣会社のつらいところは、クライアント企業を探すだけでなく、商品となる人材を案件と同時進行で獲得していかなくてはならないことです。

人材派遣スタッフ募集のためには、さまざまな媒体に出稿したり、説明会を開いたりして自社をアピールします。

人材派遣会社は大小多数あるため、自社の強みや自社に登録するメリットをしっかり伝えて行く必要があります

人材により仕事に求めているものが異なるため、希望する職種や勤務スタイルなどを会話の中から引き出していくスキルも人材派遣会社の採用担当社員には求められています。

 

頻繁に発生する給与計算・支払い業務

人材派遣会社の中で、給与計算や支払い業務は業務量が膨大で、つらい業務の一つといえるでしょう。

「月末締め、翌月15日払い」「毎月10日締め、当月25日払い」「毎月20日締め、翌月5日払い」・・・・・・などクライアント企業の締め日に合わせて締め日と支払日を決めている人材派遣会社であれば、給与計算や支払い業務を頻繁に行う必要があります。

さらに、派遣スタッフの中には前払いを希望する人もいますので、別途手続きが必要です。

また、イベントスタッフなど、単発派遣の仕事を取り扱っている人材派遣会社は、給与を日払いや週払いにすることが多く、さらに煩雑になりつらい業務になります。

 

派遣法改正への対応

労働者派遣法(通称:派遣法)は、社会情勢に合わせたり派遣スタッフの働きやすさを向上させたりするため、度々改正されています。

人材派遣会社は、派遣法改正の度に対応を迫られます。

事務担当者だけ対応していればいいわけではなく、営業担当者も理解をしていないと、クライアント企業と誤った契約をしてしまう恐れもあります。

 

つらい人材派遣会社の仕事は人材派遣管理システムで改善できる!

人材派遣会社の仕事のつらい部分が分かったところで、つらいままにしておくと、社員が疲弊し、つらい仕事ということがうわさになり、新たな社員の採用も困難になってしまいます。

今、つらい仕事は人材派遣管理システムで改善ができるようになりました。

今度は、具体的に人材派遣管理システムがつらい仕事をどのように改善できるのかをお伝えしていきます。

 

人材派遣管理システムとは

人材派遣管理システムとは、その名の通り、人材派遣の仕事を管理するシステムです。

主に人材派遣会社のパソコンや電子端末にシステムをインストールしたり、クラウドサービスを契約したりして利用します。

 

人材派遣管理システムの機能例

人材派遣管理システムの機能は、人材派遣会社あらゆる業務をサポートするように作られています。

例えば、クライアントと派遣スタッフ、それぞれに向けたサービスを提供している人材派遣管理システムがあります。

それを使えば、対クライアント、対派遣スタッフの調整がしやすくなります。

24時間365日、システムは稼働していますので、それぞれが都合のいい時間に書類をアップしたり、返送したりすることができます。

人材派遣会社の社員は、相手の返答を長時間待っていることが必要なくなりますので、長時間労働をせずに済みます。

そのほか、勤怠管理や給与計算、受注、請求、法を順守した書類作成などの機能を備えています。

 

人材派遣管理システムを導入してつらい仕事を改善した事例

人材派遣管理システムを利用してみたことにより、つらい仕事を改善した事例をご紹介します。

派遣スタッフから紙媒体で勤怠状況を記した表を集め、パソコンにデータを手入力していたある企業では、システムによって勤怠データから自動的に勤怠管理表が作成されるため、データ入力にかかる作業工数を一気に削減できました。

また、それらのデータは給与計算データとして利用できるため、給与計算や支払いに関する業務も大幅に軽減されました。

日払い給与の処理などの計算もスピードアップしますので、派遣スタッフにも喜ばれました。

つらい業務を何とかするために人材派遣管理システムを利用し始めたのですが、会社の評判も上がって、人材派遣スタッフの獲得もしやすくなっていくでしょう。

 

「つらい!キツい!辞めたい!」そんなときにおすすめの人材派遣管理システム

人材派遣会社に勤めていて「つらい!キツい!辞めたい!」と爆発寸前な方でも、クライアント先企業の担当者から信頼を受けていることや、頼られている派遣スタッフの顔が浮かんで踏みとどまっている方もいらっしゃるでしょう。

人材派遣管理システムを利用すると、驚くほど業務が改善するかもしれません。

つらい気持ちに集中するのではなく、業務の改善に動いてみませんか

人材派遣会社におすすめの5つの人材派遣管理システムを紹介します。

比較して、前向きに導入を検討されてはいかがでしょうか。

 

STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)

人材派遣会社の業務に特化した「STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)」は、人材派遣、人材紹介、業務請負にまつわる業務を網羅したオールインワンパッケージです。

一般派遣や日雇いに限らず、正社員派遣、常用型派遣、技術者派遣、無期雇用派遣などにも対応しており、多くの人材派遣会社で導入されています。

基幹システムとして、人材ビジネスの業務プロセスを一元管理します。

派遣スタッフ向けにはスマートフォンなどのデジタル端末で利用できる就業クラウドサービス「STAFF EXPRESS NEO(スタッフエクスプレスネオ)」を用意しています。

これによって、人材派遣会社の社員と派遣スタッフが密にコミュニケーションを図ることが可能です。

勤務日の確認や勤怠データの入力が手元で行えるため、派遣スタッフにとってもうれしいツールです。

クライアント企業向けにはクラウドサービス「PARTNER(パートナー)」が用意されています。書類のやりとりや連絡などをクラウド上で行うことができ、クライアント企業の担当者の負担も減らすことができます。

 

>>STAFF EXPRESS(スタッフエクスプレス)の詳細はこちら<<

 

Casting Navi(キャスティングナビ)

創業30年以上のシステム開発の老舗企業・ユニテックシステム株式会社が提供する人材派遣業向けのシステム「Casting Navi(キャスティングナビ)」。

人材派遣業や業務請負業の業務を簡単かつスムーズに処理できるシステムです。

「Casting Navi(キャスティングナビ)」には、人材派遣会社の外回りの営業担当者やコーディネーターに最適なスマホでスタッフ情報の検索ができるウェブサービス「ナビアナライザ」が用意されています。

また、派遣スタッフとスマホ上でやりとりができるウェブサービス「プラスナビ」ではスタッフ自ら仕事へエントリーできるほか、勤怠打刻、給与明細の閲覧まですべてウェブ上で可能です。

 

The Staff-2000(The Staff-V)

「The Staff-V」は人材派遣会社に必要な機能がそろっています。

導入の検討内容に合わせて3つのプランを設けています

事業当初から戦略的に事業展開を計画している場合は、The Staff-Vの「ゴールドシステム」。

業務効率の大幅な改善が期待できます。

「シルバーシステム」は契約管理から給与・請求管理まで一元管理できます。

契約書類の発行や勤怠管理までの機能が使用でき、ほかのシステムと共存させて使用したい場合や、段階的なシステム導入を検討している場合におすすめなのは「ブロンズシステム」です。

 

HRBCスタッフィング

「HRBC スタッフィング」は、人材派遣会社向けに最適化されたクラウド型マッチングシステムです。

求人と求職者を一元管理しマッチングさせ、人材派遣業でありがちな業務における2重・3重入力をなくし、業務プロセスを標準化・可視化します。

すでに利用している人材派遣業向けのシステムとの連携も可能なことがメリットです。

1,500社を超える導入実績を持ちます。

 

CROSS STAFF(クロススタッフ)

派遣スタッフ情報やクライアント企業情報、スタッフ向けマイページ機能などのほか、スタッフごとの給与情報などの人材派遣会社の業務を一元管理することが可能なクラウドサービスです。

必要な機能のみを集めたシンプルな設計で、初期費用がかからず担当者IDをいくつ発行しても、価格は同じです

比較的に低価格で人材派遣管理システムを使い始めることができます。

 

人材派遣会社のつらい仕事もシステムを使えば楽になる!

今、仕事がつらいと感じている人材派遣会社の方は、人材派遣管理システムを利用してみてはいかがでしょうか。

安価で始められるものもありますし、無料利用期間を設けているシステムもあります。

仕事を「つらい」と感じながら我慢するのではなく、一歩先へ歩みを進めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加